原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

経産省前テントひろば 第2テントは、新たに、

原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

として、活動を開始しました。
新しいブログをぜひ、お気に入りに登録して、第2テント、女性たちの活動を見守ってください。

ありがとうございます。

9月11日(火)とつきとおか満了報告

みさお報告(写真:早川由美子&みさお)

経産省前テントひろば一周年。24時間、一日も欠かさずテントを守り続けた第一テントのみなさんありがとうございます。
そして、椎名千恵子さん。第二テント、昨年12月1日から始まった女性たちのテント、ついに十月十日目を迎えました。おぎゃあとあちこちで脱原発が産声を上げています。見事なお産婆役を果たされました。 ありがとうございます。

わすれてはならないのは、われらがテントひろばのメーテル!あなたがいなかったら、とつきとおか、この日をこれほどの喜びを持って迎えることはできませんでした。ありがとうございます。

伝説のロックスター、パンタが制服向上委員会とともに、テントひろばのお祝いに参加してくださいました。

福島原発事故第2次告訴団説明会で全国を駆け回っておられる武藤類子さんもこの日はかんしょ踊り!

園君もありがとう!苦しい一年でしたね!

火炎瓶鉄さんのラップなシュプレヒコール、テントひろばの金曜日の定番になりましたね!

きょうは福島にとんぼ返りですが、佐藤幸子さん、国政が待ってますよ!

澤地久枝さん、駆けつけてくださいました!ゴールデンウィークには、一緒にハンストにも参加してくださいました。ありがとうございます!
これから、日米安保条約、大きな壁にぶつかることになりますね。ご指摘のとおりと思います。

ご子息が原発作業員だという双葉町の木田節子さん。「原発作業員が毎日被曝しながら一生懸命に働いていなかったら、お前たちの今現在の安全はない!」と、経産省職員に呼び掛けておられました。涙がでました。

この日集まった700余名による人間の鎖。経産省を囲みました!

一緒に手をつなぎませんか?とお誘いしてみたのですが、おまわりさんによるヒューマンチェーンは実現せず。
わたしたちは敵と味方というわけではないですよね。いつか、手をつなぎましょう。原発がすべて廃炉になった日に!

とつきとおかのテントひろばを支えてくださった大勢のみなさん!ありがとうございます。
みなさんこそが、主役でした。
テントはまだまだつづきます。
あたらしいサイトも準備中です。
とつきとおかは、これでおしまいですが、脱原発はまだ道半ば。
あちこちで産声をあげた脱原発の子どもたちをしっかり育て上げましょう!

9月9日(日)椎名千恵子「アメリカ訪問報告会」

「9月9日(日)、午後2時から、椎名千恵子さんの「アメリカ訪問報告会」が開かれます。
このとき同時に、金子祐仁さんの「全米中最悪の記録を持つ驚愕のサンオノフレ原発と
アメリカ反原発市民運動」講演があります。

是非ご参加下さい。

なお、当日9/9(日)11時~12時まで「オスプレイ配備反対 国会包囲」が行われます。
こちらにも、ご参加ください。

椎名千恵子さん訪米報告会(PDF)

原発再稼働に揺れるカリフォルニア州(PDF)

原子力規制庁人事案白紙撤回ロビー活動

森園かずえ報告

この数週間、原子力規制庁人事案白紙撤回のロビー活動をしてまいりました。

eシフト、Foe、フクロウの会、品川女の会、福島原発緊急会議……
三、四人がひと組になり、全国会議員を二度三度回りにまわってきた結果を報告します。

・なぜ、この人事がいけないのか?

資料を渡しながら説明し、白紙撤回に賛成か反対かのアンケートを実施!
回答を公表し、この結果いかんで、次の選挙の参考にさせて頂く旨を伝えながら、再度、国会議員回る!

こうして、全く無知な議員たちに、だいぶ勉強させました。
自分の委員会に関係ない事は、彼らはマスコミ程度の情報しか入っていません。秘書も、本当に勉強していません。

私が直接議員にあえたのは、細野豪志環境大臣、公明党の石井啓一でした。
政策秘書との話し合いを要求。留守の際には、私設秘書、アルバイト秘書

特に感じたことは、公明党の男性秘書の態度の悪さ!
際立っていました。このことは、他所を回られた皆さんも話されていました。

・ロビー活動の後押しの結果、人事案決定が、ここまで延びに延びている状況です。
しかし、自民党と公明党は、野田に問責決議案は出すが、この人事案は通す意向!

異常です。ここまで来ると、どこを突けばいいのやら?
経団連ですか? NHKですか?
個人的活動としては、皆さんもやっているFAX抗議!
今回は、創価学会東京本部、関西本部にも、公明党の党議拘束は如何なものか?と、資料を添付してFAX、電話しました。福島県民を見殺しにするのか?と・・・・・!

こうした活動を通して、どんなに圧力がかけられても、命を狙われても、議員をやり通す事ができる人間に政治家になって頂かないと、所詮アメリカと権力者達の言いなりになり、被曝し続けるしかない時代になってしまったと感じています。

8月24日(金)テント報告

みさお報告

官邸前に行こうと思っても途中で足止めされたりして、6時過ぎてしまうとたどりつけない。
このところ、一か所ずつの人数は少し減っているように思われるが、あちらこちらに抗議活動の拠点ができている。
われらが経産省前も拠点のひとつ。給水活動も継続中だ。

じゅごんもやっぱり再稼働反対!

経産省の前の歩道では、火炎瓶鉄さんがリーダーシップをとって、再稼働反対ラップバージョン。

経産省は恥を知れ♪

9時になれば抗議活動は終了するのだから、もう少し待っていればいいものを、経産省職員がぞろぞろと出てきた。抗議活動参加者の中には、面と向かって抗議をする人もいて、駅に向かうのを断念して、庁舎の中に戻って行った。

残業、お疲れ様です!残業代は税金から出ますのでちゃんとつけておいてね!

抗議活動も一段落し、テントに戻って、誰かの差し入れのおにぎりをほおばっていたら、「アムステルダムからポスターが届いていないですか?」と来客あり。
国会議事堂の写真に、アムステルダムからのメッセージがぎっしりと書き込まれている。
第二テントのみなさんが集合して記念撮影!
世界が応援しているとつきとおかのテントひろばです!

8月18日(土)盆ダンス with 福島

蔭山報告

この日、杉並区・高円寺は福島一色に染まりました。

14時からは、福島原発告訴団からの報告会「原発事故の責任をただす -福島からの発信-」。区の施設「セシオン杉並」に原告団団長武藤類子さんと保田行雄弁護士、原告のお一人、地脇美和さんをお招きしました。144名収容の会場には220名の方が訪れ、参加者の「政府や電力会社がどれだけ誤魔化しても、福島を忘れない・忘れるわけがない」「第一次の1324名に続け」という思いが満ち満ちていました。

一方、隣の「蚕糸の森公園」では、「踊る有象に見る無象 盆ダンスwith福島 つまり盆踊り」が着々と進行中でした。

紅白幕と脱原発バナーで賑やかに装飾された大櫓を中心に、飲食やヨーヨー釣り、コマ回し、バナナの叩き売りの屋台、「希望の牧場ミニ写真展」、「アースデイ福島PR」「福島の子ども保養プロジェクト(杉並)」などのブースが並び、演奏もゆるやかに始まっていました。そこへ、上記の報告会を終えて移動していただいた武藤さんが到着。息つく間もなく櫓に上がって告訴団加入の呼びかけと、「かんしょ踊り」の解説をしてくださり、メインプログラムの第一部、盆踊りがスタートしました。

椎名千恵子さんと福田良則さんらがテントひろばから駆けつけてくださいました。実は、お二人を待ちきれなかった有象無象たちは、スタッフとしても関わってくださった堀田千栄子さんの活躍もあって、かんしょ踊りを踊り続けていたようですが(笑)、おかげで踊りが途切れない絶妙の流れになりました。

雨上がりの公園の木々の香り、降り続く蝉しぐれに包まれ、土を踏みしめて踊るかんしょ踊りは、普段、各所のアクションの場で踊るのとは違い、なんというか原初の感覚が沸き起こる感じがありました。

正確な人数はカウントしていませんが、のべにして300~400名は参加されたのではないでしょうか。また、売り上げの一部と出展(店)料・カンパの全額は原告団はじめ福島支援に回すことになっています。こちらは現在集計中です。

詳しくは、「脱原発杉並」のホームページ(http://uzomuzo.com/)にて報告があります。