9月11日(火)とつきとおか満了報告

みさお報告(写真:早川由美子&みさお)

経産省前テントひろば一周年。24時間、一日も欠かさずテントを守り続けた第一テントのみなさんありがとうございます。
そして、椎名千恵子さん。第二テント、昨年12月1日から始まった女性たちのテント、ついに十月十日目を迎えました。おぎゃあとあちこちで脱原発が産声を上げています。見事なお産婆役を果たされました。 ありがとうございます。

わすれてはならないのは、われらがテントひろばのメーテル!あなたがいなかったら、とつきとおか、この日をこれほどの喜びを持って迎えることはできませんでした。ありがとうございます。

伝説のロックスター、パンタが制服向上委員会とともに、テントひろばのお祝いに参加してくださいました。

福島原発事故第2次告訴団説明会で全国を駆け回っておられる武藤類子さんもこの日はかんしょ踊り!

園君もありがとう!苦しい一年でしたね!

火炎瓶鉄さんのラップなシュプレヒコール、テントひろばの金曜日の定番になりましたね!

きょうは福島にとんぼ返りですが、佐藤幸子さん、国政が待ってますよ!

澤地久枝さん、駆けつけてくださいました!ゴールデンウィークには、一緒にハンストにも参加してくださいました。ありがとうございます!
これから、日米安保条約、大きな壁にぶつかることになりますね。ご指摘のとおりと思います。

ご子息が原発作業員だという双葉町の木田節子さん。「原発作業員が毎日被曝しながら一生懸命に働いていなかったら、お前たちの今現在の安全はない!」と、経産省職員に呼び掛けておられました。涙がでました。

この日集まった700余名による人間の鎖。経産省を囲みました!

一緒に手をつなぎませんか?とお誘いしてみたのですが、おまわりさんによるヒューマンチェーンは実現せず。
わたしたちは敵と味方というわけではないですよね。いつか、手をつなぎましょう。原発がすべて廃炉になった日に!

とつきとおかのテントひろばを支えてくださった大勢のみなさん!ありがとうございます。
みなさんこそが、主役でした。
テントはまだまだつづきます。
あたらしいサイトも準備中です。
とつきとおかは、これでおしまいですが、脱原発はまだ道半ば。
あちこちで産声をあげた脱原発の子どもたちをしっかり育て上げましょう!

8月24日(金)テント報告

みさお報告

官邸前に行こうと思っても途中で足止めされたりして、6時過ぎてしまうとたどりつけない。
このところ、一か所ずつの人数は少し減っているように思われるが、あちらこちらに抗議活動の拠点ができている。
われらが経産省前も拠点のひとつ。給水活動も継続中だ。

じゅごんもやっぱり再稼働反対!

経産省の前の歩道では、火炎瓶鉄さんがリーダーシップをとって、再稼働反対ラップバージョン。

経産省は恥を知れ♪

9時になれば抗議活動は終了するのだから、もう少し待っていればいいものを、経産省職員がぞろぞろと出てきた。抗議活動参加者の中には、面と向かって抗議をする人もいて、駅に向かうのを断念して、庁舎の中に戻って行った。

残業、お疲れ様です!残業代は税金から出ますのでちゃんとつけておいてね!

抗議活動も一段落し、テントに戻って、誰かの差し入れのおにぎりをほおばっていたら、「アムステルダムからポスターが届いていないですか?」と来客あり。
国会議事堂の写真に、アムステルダムからのメッセージがぎっしりと書き込まれている。
第二テントのみなさんが集合して記念撮影!
世界が応援しているとつきとおかのテントひろばです!

7月20日(金)テント報告

みさお報告

毎週金曜日、恒例の官邸前デモ。
経産省前テントひろばでも、デモ参加者に白い風船を配った。

白い風船は、新党日本代表、田中康夫氏の発案。1996年、ベルギー、ブリュッセルでのデモ「純白の行進(腐敗した政府に30万人が白い風船を持って街路を埋め尽くし抗議活動)」にならったものだという。

テント前広場にはドラム隊も登場!

森園さん@郡山は、6月7日のダイインの記事を見たという海外ジャーナリストのみなさんにそれぞれ取材を受けた。

白い風船を配った後、とつきとおかのテントひろばの仲間とともに、タクシーでデモ参加することにして、官邸前周辺を回った。
官邸前周辺はあちこち鉄柵で囲まれ、また、ずらっと並んだ警察車両のせいで、歩道のデモのみんなの姿もなかなか見えない。。。

官邸前を2週ほど回ったあたりで、車道を封鎖されてしまったため、歩道に向かってミニトラメガで、「再稼働反対!」をかわいく叫びつつ、テントに戻ってきた。運転手さん、ありがとうございました。

 

 

 

パブコメ緊急学習会のお知らせ

「エネルギー・環境に関する選択肢」に対するパブリックコメント(7/31締切)についての学習会を開催します。

日時 7月13日(金)16:00~17:00
場所 第2テント
講師 国際環境NGO FoE Japan 吉田明子
※参加費等は必要ありません。どなたでもご参加いただけます。

7月7日(土)七夕報告

みさお報告

今日は七夕。タッチ―さんが中心になってとつきとおかのテントひろばでは七夕祭り。
短冊に書かれた願いは、脱原発、子どもの健康、脱野田。。。
雨のなか、はしゆきさんがせっせと皆の願いを笹竹に飾っていた。

テントの中では全員の自己紹介を終えたのち、福島県双葉郡富岡町から水戸に避難している、木田節子さんのお話。息子さんが原発で仕事をしているという。お母さんが脱原発で活動して、息子さんがクビになれば、母親としてはほっとするというフクザツな胸中を吐露される。
原発労働者(※息子さんではない)と討論したエピソード、大飯でのエピソード、ご家族のお話。。。どれもこれも興味深く、話し出したら止まらないタイプのみなさんも、だまって耳を傾けていた。

雨が降っていたり、官邸に行っても野田首相が福島だったりと、いろいろと予定がくるって、当初の計画とはちょっと違ってしまったが、テントでしか聞けない話をたっぷり聞くことができた。
今日はじめてテントに来たという方もいて、初日で、ここまで濃いテント体験ができるのは、運がいい。

まだテントに来たことのないみなさん、交通の便はとてもいい場所(^^v)ですのでぜひ足をお運びください!

7.7(土)七夕の夕べは経産省前テントひろばへ!アクション

7.7(土)七夕の夕べは経産省前テントひろばへ!アクション (PDF

原発再稼働への怒りが天の川となる、キャンドルナイト

17~18時 経産省前テントひろばで夕涼みアクション

・アピールと歌・かんしょ踊りなど
・テント周辺にゴザ、縁台などをだして、まったりと展開
・団扇プラカードコンテスト、

優勝者には「未来を孕む女たちのとつきとおかのテントひろば行動」ロゴ入りボールペン(LEDライト付き)進呈。

18~19時 かんしょ踊り流しで首相官邸前へ

・短冊アピール…笹竹を受け取ってもらおう!書いた人は、読み上げる。
・野田グダ…野田首相にこれだけは言っておきたい。
・キャンドルナイト

19時半~21時 第2テントでドキュメント映画上映会

「グリーナムの女たち」
…7.16 10万人集会 プレ イヴェントとして、みんなで盛り上げていこう!…