再稼動を許さない!経産省前行動

3月30日(金)18時45分頃より経産省前で抗議行動が行われました。
@okichi3さんと@monmonimokusaさんの呼び掛けで27日から始まった4日連続抗議行動の最終日。

 

 

 

 

 

 

名古屋から来たという二十歳の青年は70年安保を思わせるスタイル(コスプレ?)で。

 

 

 

 

 

 

 
途中福島の佐藤幸子さんがいらしてマイクアピール。
「5月5日泊原発が止まれば稼動している原発は0になります。
 最高のこどもの日を子どもたちに!」
と訴えられました。

 

 

 

 

 

 

この日はのべ7名(+撮影の方1名)での行動でした。
@okichi3さん曰く「来週の月曜日もやります!」とのこと。参集せよ!!
(しろたま)

リレーハンスト=断食

3月31日から 福島の女たちが原発再稼働をさせないために、リレーハンスト=断食に入ります。

①3/31からのリレーハンスト=断食についての黒田さんのアピールを貼り付けます。

②「原発いらない福島の女たち」「福島に暮らす私たち、故郷を追われた私たち」のハンスト声明を添付します。

③具体的行動
黒田さんは3/31日昼過ぎに、テントひろばに着きます。そして断食に入ります(深夜からの断食続行です。)

「福島の女たち」に連帯して、に3/31日経産省前テントひろばに集まって下さい。黒田さんととともに、3/31日の断食に参加できる人は、深夜12時から断食に入り、都合のいい時間にテントひろばに来て、黒田さんとともに断食に入って下さい。

④断食は4月末日まで続ける予定です。全国各地で、各個人で、ハンスト・断食に入って下さい。(参加可能な方は、日程を連絡下さるとうれしいです。
secchan@amail.plala.or.jp )

⑤テントひろばでもハンスト・断食を継続していく予定です。詳しいことは4/1に決めることになります。また、お知らせします。
言うまでもなく、ハンスト・断食は男性も女性も、どなたでも参加できます。
■黒田節子さんからのアピール

皆さん:

福島のこのような事故がありながら、再稼働なんてぜったい許せない!!

福井の中島哲演さん(福井県小浜市の明通寺の住職)の断食に連帯して、私たち「原発いらない福島の女たち&福島から避難した女たち」がリレー断食を開始します。

中島哲演さんは、3/25大飯原発再稼働反対福井集会で、月末まで断食されることを表明されました。
原発反対福井県民会議の代表委員として、
「原発政策は3.11前からすでに破たんしていたのです。地元の意見を聞かないまま進めてきた安全評価による国の政治判断で再稼働をさせてはいけません」とのべたのち、「私ごとですが」と断って「後に続く者たちのためにも再稼働は許さない」として福井県庁での断食を表明。
五穀を断ち準備し、25日朝も重湯だけだったそうです。すごい決意です。

福島の女たちは、以下のようにリレー断食を開始します。
皆さまの参加を待っています。「声明文」を添付します。全国にこのことを拡散願います。、
一人よりは二人、二人よりは三人で断食しましょう。

方法:
(基本的には)夜中の12時から24時間の断食で、「それぞれの場所」でするものです。
もちろん、デモンストレーションで駅前などで目立つやり方を取り入れてもいいでしょうし、仕事しながら、いつもの時間を過ごしながらでもいい、というやり方です。もちろん、できる方は何回でも。

参加可能な方は、日程を連絡下さるとうれしいです。
secchan@amail.plala.or.jp

3月31日 (土)断食初日 黒田さん・午後から経産省テントひろばで断食
4月 1日 (日)経産省前テントで午後1時頃、記者会見予定。椎名さん・経産省前テントひろばで断食
2日 (月)郡山駅前で予定
3日 (水)福島で予定
4日 (木)郡山で予定
以降、4月末日まで、各地で続行

~~  全国から連なって下さいませんか?! ~~

黒田節子@ふくしま

リレーハンスト声明

東電管内 原発全停止~東電前行動

3月26日(月)、経済産業省前行動の後、のぼり旗や横断幕を持ったまま、東電前へ移動。
途中、関西電力東京支社前を通るとき、数人で「再稼動反対」「大飯原発再稼動するな!」のシュプレヒコールをあげました。

東電前には既に百人以上の人。「東電の原発ゼロDAYアクション 福島、新潟、もう絶対動かさせない」に合流。
このアクションは、東電前アクション!の他に経産省前テントひろば、原発いらない福島の女たち、再稼働反対!全国アクション、たんぽぽ舎、福島原発事故緊急会議の6グループの呼びかけで開催されました。

まずはシュプレヒコール。
続いて、東電前アクション!の植松さん、再稼働反対!全国アクションの国富さんのアピール。
e-シフトの杉原さんからは柏崎刈羽6号機に「感謝状」が!(言わずもがなですが皮肉です)
たんぽぽ舎の柳田さんのアピールのあと、3.25大飯原発再稼働反対福井現地集会に参加者から映像を交えた報告。
双葉町から避難している方、郡山市在住の森園さん、双葉郡富岡町の木田さん、いわき市から自主避難している菅野さんと、福島の方々の発言が続きました。双葉町から避難されている方は、「東電に騙された!皆さんはもう騙されないでほしい!」、富岡町の木田さんは「私は家と土地をあきらめました。東電は原発をあきらめて欲しい」と発言、胸をつかれる思いでした。
東電株主訴訟の木村さん、経産省前テントひろばの高瀬さんのアピールなどもありました。

途中、かんしょ踊りを東電前で!これは会津民衆の抵抗の踊りである古式「会津磐梯山」非常に珍しいものだということです。最初は福島の方やこの日のために練習してきたテントのメンバーが踊り、「もう一度!」の声に他の人も沢山参加して二重三重の踊りの輪に!

 

最後に、東電本店の壁に「東電解体」「原子力マフィア追放」などの文字を投射、シュプレヒコールで終了しました。
(しろたま)
(写真はすべて@rinqoさんにお借りしました) 

 

 

 

 

 

テントひろば4日連続行動 最終日

3月26日(月)、4日連続行動の最終日。

この日未明、柏崎刈羽原発6号機が定期点検の為停止し、東電管内で稼動している原発は0となりました。

しかし、これは私たちの力で停止させたのではなく、単に定期点検に入っただけ、再稼動を許さないこれからが本当の戦いと肝に銘じなければなりません。

この日18時からの経済産業省前には50~60名が集まりました。

正門を出て視線を逸らすようにしてそそくさと立ち去る役人たちに、福島から駆けつけた方、あるいは福島から避難された方の切実な訴えはどのように聞こえたのでしょうか。

このときの抗議行動の様子はシャワリンさん撮影の動画で見ることが出来ます。

http://twitcasting.tv/showering00/movie/4146064

http://twitcasting.tv/showering00/movie/4146336

(しろたま)

テントひろば4日連続行動 3日目

3月25日(日)16時から経済産業省前抗議行動が行われました。

筆者は渋谷のデモに参加してから駆けつけた為既に30分近く過ぎていました。

十数人の方が正門前に並び、第一テントの八木さんを司会にマイクアピールのリレーをしていました。そのほかに「喜びの歌」の替え歌を歌う方などもいて、休日出勤の官僚たちに声は届いたはずです。

筆者のほかにもデモから流れてきた人が数人いて最後は20名ほどでした。

 

 

 

 

 

 

抗議行動の後は第一・第二テントともに満員御礼の状態で夜遅くまで話に花が咲きました。

 (しろたま)

再稼動を許さない さようなら原発1000万人アクション

3月24日、日比谷野音。朝から降り続く雨にもかかわらず、続々と人があつまってくる。

筆者は野音入り口付近でたんぽぽ舎のビラまきの手伝い。雨にぬれたチラシを皆受け取ってくれ、嬉しい限り。

そろそろデモの出発近くの時間か…という頃にようやく中へ。

雨の中通路まであふれる人・人・人…再稼動許さじ、原発はいらないの熱気は冷めてはいない。

 

 

 

 

 

 

いよいよデモ出発。その頃には雨もあがりました。

テントひろば、9条改憲阻止の会、たんぽぽ舎、反原発自治体議員・市民連盟の合同隊列は常盤橋公園までのコース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「原発はいらない」「再稼動反対」「福島返せ」などシュプレヒコールをあげながら歩いた。

ゴール地点の常盤橋公園で合同ミニ集会。

たんぽぽ舎代表の柳田さん、社民党の福島みずほさん、それに椎名さんなどがマイクアピールをされました。

(しろたま)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テントひろば4日間連続行動 初日

3月23日(金)、3/23~26のテントひろば4日間連続行動の初日として、18時から19時まで経済産業省前で再稼動前行動が行われました。雨にもかかわらず20~30人が集まり、「再稼動するな!」の声を上げました。

椎名さんの「子どもにきちんと向き合って下さい」という経産省に向けた静かな語りかけが胸に沁みました。

19時半からは@ai motoyaaashikiさんと@okichi3さんの呼び掛けで引き続き経産省前行動。強くなった雨の中、10数人で声をあげました。

 

 

 

 

 

 

また、その前段として@ai motoyaaashikiさんと@okichi3さんは17時半から内幸町の関西電力東京支社前でも大飯原発再稼動に反対する抗議行動を行いました。こちらは女性4人、撮影の方が二人と少人数でしたが、関電に抗議の声は聞こえていたはずです。

茨城県議会

おゆう報告

茨城県議会では、廃炉要求意見書が否決され、東海村議会でも議論は惨憺たるもの、。
傍聴に行った若いメンバー達が、がっくり疲労して帰ってきました。
夕方、数人で集まり、手は茨城初かんしょ踊りの為のかざぐるまを作りながら、
頭は、どうしたら東海第二を廃炉に出来るか?、どうしたらいいのか?でした。
村や県の議員があんなじゃとてもじゃはいが埒あかないから、
国に直談判しにいこうか?とか、現地で子育てしてる女性たちは、
切羽詰まってきています。

いったいどうしたら、家から数キロ先の原発と再処理工場をstopできるのか?
、、その鬱屈があるせいなのかもです、私らが踊るわけは。

「かんしよ踊り」の練習

あれこれ屋報告

本日(3/23)13時から約1時間「かんしよ踊り」の練習をしました。あいにく雨だったので、第二テントの中で踊りました。椎名さんの他、第一テントの八木さんと福田さんも指導してくれました。

踊りの途中に、本日開かれた原子力安全委を傍聴した人が駆けつけ、その様子を報告してくれました。
「本日の原子力安全委員会(斑目委員長)は13時から開かれましが、午前11時に、13時から行うことが発表さされました。まったくデタラメです。突然に近かったのですが傍聴者はかけつけました。
斑目委員長は「大飯3・4号機のストレステストは妥当」という結論を言うだけで、5分で終わりました。傍聴者たちは抗議の声をあげましたが、斑目委員長は逃げるように扉の奧に消えました。再稼働を許されません。闘い続けましょう」と。

明日(3/24)はかんしょ踊りは12時からです。「さようなら原発・日比谷集会」があるので、すぐ出なければならないので、12時からビチッとやります。