原子力規制庁人事案白紙撤回ロビー活動

森園かずえ報告

この数週間、原子力規制庁人事案白紙撤回のロビー活動をしてまいりました。

eシフト、Foe、フクロウの会、品川女の会、福島原発緊急会議……
三、四人がひと組になり、全国会議員を二度三度回りにまわってきた結果を報告します。

・なぜ、この人事がいけないのか?

資料を渡しながら説明し、白紙撤回に賛成か反対かのアンケートを実施!
回答を公表し、この結果いかんで、次の選挙の参考にさせて頂く旨を伝えながら、再度、国会議員回る!

こうして、全く無知な議員たちに、だいぶ勉強させました。
自分の委員会に関係ない事は、彼らはマスコミ程度の情報しか入っていません。秘書も、本当に勉強していません。

私が直接議員にあえたのは、細野豪志環境大臣、公明党の石井啓一でした。
政策秘書との話し合いを要求。留守の際には、私設秘書、アルバイト秘書

特に感じたことは、公明党の男性秘書の態度の悪さ!
際立っていました。このことは、他所を回られた皆さんも話されていました。

・ロビー活動の後押しの結果、人事案決定が、ここまで延びに延びている状況です。
しかし、自民党と公明党は、野田に問責決議案は出すが、この人事案は通す意向!

異常です。ここまで来ると、どこを突けばいいのやら?
経団連ですか? NHKですか?
個人的活動としては、皆さんもやっているFAX抗議!
今回は、創価学会東京本部、関西本部にも、公明党の党議拘束は如何なものか?と、資料を添付してFAX、電話しました。福島県民を見殺しにするのか?と・・・・・!

こうした活動を通して、どんなに圧力がかけられても、命を狙われても、議員をやり通す事ができる人間に政治家になって頂かないと、所詮アメリカと権力者達の言いなりになり、被曝し続けるしかない時代になってしまったと感じています。

原子力規制庁人事案白紙撤回ロビー活動” への1件のコメント

  1. 8.29の院内集会、お疲れ様でした。避難している人が子連れで来たり、その保育でいらっしゃったシングルマザーズフォーラムの先輩が「こういうところに来たの、初めて」とおっしゃっていたり、いろいろ感動的な出会い・再会があって良かったですね。次回は保育の要員を2名くらいは確保する(私もできるだけ保育したいけど、半分くらいは全体の流れを見ていきたい)、おもちゃなどを若干用意する(地下のコンビニに折り紙買に行ったら、国会で折り紙やおもちゃ売ってるわけなかった!)など、考えたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">